So-net無料ブログ作成
検索選択
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

中編 アドレスv125 改156 腰上オーバーホールの巻 [アドレスv126改156]

前回からの続きなのじゃ
http://maboroshi22.blog.so-net.ne.jp/address_oh1
KIMG1324.JPG


まずはバルブを外して確認です。

KIMG1331.JPG
吸気側は綺麗でしたが、
排気側がひどい。

オイル下がりしてますね。

もちろんシール交換しました。

バルブシールもそうだけど、

赤い丸のに付けるインシュレーターも割れてたので交換してます。
KIMG1334.JPG

アドレスV125のインシュレーターって絶対割れるよね。

アイドリングが乱高下するのはだいたいインシュレーターが割れてて二時エア吸ってるからじゃね?



続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

前編 アドレスv125 改156 腰上オーバーホールの巻 [アドレスv126改156]

セローと交換したあとアドレスV156(k6)

外側は綺麗だけど、エンジンコンディションは燃調もオイル管理もしていなかったようで、いい状態とは言えなさそうなのと

武川の156ピストンを使ってボアアップしてるが、初期ロットの割れると噂のピストンを使ってる年式だったので、
腰上オーバーホールすることにした。

アイドリングも不安定だったしね。

パーツ代は前オーナーが全部出してくれました。
ありがてぇっっ ありがてぇっっ

(半ば脅ししてまった感があるので反省… 今度ご飯おごるね。)

KIMG1356.JPG
総走行距離は旧純正メーターの4000キロを プラスして約18500キロ。
距離的にも いいタイミング だったかな。


1月の寒空の中、地面にクッション敷いて始めます。
中腰は体に悪いから、座ってね。
KIMG1306.JPG


SP武川 スーパーマルチLCDメーターキット V125 05-05-0008

SP武川 スーパーマルチLCDメーターキット V125 05-05-0008

  • 出版社/メーカー: スペシャルパーツ武川
  • メディア: Automotive


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

【提灯】FELT F5 インプレ【じゃないよ】 h28:12.8追記 [ロードバイク(FELT F5)]

FELTのF5乗ってる。先月中華カーボンからステップアップのため中古探しに行ったら見た瞬間に即決した。
カッコイイ、マジで。そして速い。
ペダルを踏むと走り出す、マジで。ちょっと感動。
しかも時代は11速なのにいまだに10速コンポだから操作も簡単で良い。
FELTは初心者丸出し乙!と言われてるけど個人的には速いと思う。
スペシャライズドS-WORKSとかと比べればそりゃちょっとは違うかもしれないけど、そんなに大差はないって店員も言ってたし、それは間違いないと思う。
ただ坂道とかで走るとちょっと疲れるね。カーボンなのに前に進まないし。
速度に関しては多分ピュアレーサーバイクも初心者バイクも変わらないでしょ。
ピュアレーサー乗ったことないから知らないけど重量とかでそんなに変わったらアホ臭くてだれもアルミのクロスバイクなんて買わないでしょ。
個人的にはFELT F5でも十分に速い。
嘘かと思われるかも知れないけど多摩川サイクリングロードで25キロ位でマジでピナレロを抜いた。
つまりはピナレロ11速ですらFELTのF5には勝てないと言うわけで、それだけでも個人的には大満足です。



h28.12.8
地味にアクセス件数が多くてビックリ(笑)

少しだけ真面目な素人インプレ置いておきます。

このバイクの良いところは、癖がなく非常に乗りやすいところだと思う。

ハンドリングは素直だし、ペダルにトルクをかけても変なタメかなく、反応してくれます。

フレームもそこそこ軽く、アラテグラと軽量ホイールてま6キロ台になります。

ストレートなフレーム形状でビンビンの乗り心地かと思いきや、100キロ程度のツーリングなら変な疲れ方もしません。

かなり気に入ってます。

これから始める人も、アルミから乗り換える人も、中古屋でみつけたら、値段次第で即買いありです。(笑)

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

名栗林道で新旧MTB対決! 26HT 対27.5FS対29FS 買うならこれだ! [マウンテンバイク]

11月の東京に雪が降った。

それを記念してまたしても名栗林道へ行ってきた。


前回の名栗は短小ステムと幅広ハンドルで前輪のコントロールが難しかったので、

今回の戦いのためにのクロスカントリー26HTの定番である、長いステムに短いハンドルのオールドスタイルに換装させた。


相手はいつものadventure bike サルサ29FS(緑)

そして今回は スペシャライズドの高いやつも参戦!

最強のトレイルバイクSTUMP JUMPER FSR!(黒)

KIMG1211.JPGハンドルを前夜に糸鋸で2センチ切りました。

しかし今回は名栗林道入り口まで自走したもんだから、 もうバテバテ…



KIMG1213.JPG
オールドbikeが、70万円の最新bike STUMP JUMPER FSRに勝った図

この日の彼は体調不良でしたが(笑)


サルサ君は相変わらず元気で、もう姿は見えません…。

まぁオフロード区間に入るとこの図はいつも逆転するんですけどね(^0^)v

STUMP JUMPER FSRにほんの少しだけ乗せてもらったら、フロントの剛性感がすごいよかった。
曰わく、スルーアクスルが効いてるらしい。

でも26HTだってまだまだ捨てたもんじゃないぜ!

KIMG1216.JPG

セッティングを変えたら、前回怖かったスピードのでるコーナーもグリップ感がちゃんとわかって、楽しめました。

今回で少しわかったこと。

その辺の林道や里山で遊ぶだけならタイヤサイズは26か27.5のハードテールで充分。

そこに険しい道や、速さが加わるとフルサス

さらに時には楽にが加わると29

という、選択になりそう

26インチハードテールはもう古いけど、27.5や29のフルサスと同じ速度で走ると、倍のスリルがあって、ハラハラして楽しい(笑)

でも疲れも倍(それ以上か…)

以上を総合すると、俺にあってるのは、29erのハードテールかな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ