So-net無料ブログ作成
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

ラーメン二郎じゃなくて蓮爾(はすみ) 登戸店 [ラーメン]

数年前にべき切れずに帰ってきた
ラーメン二郎にリベンジをかねて行ってきた。
前回の様子はこちらhttp://maboroshi22.blog.so-net.ne.jp/jirou

ちなみにラーメン二郎と思っていたが
正確には 「蓮爾(二郎系亜流と言うらしい)」という名前のお店だった。

100123_1634~0001.jpg

時刻はお昼過ぎ、5人ほど並んでいる。

数年ぶりだったけども、素人だと思われたくなかったので、決して騒がず無言で列に加わった。


スポンサードリンク





あわてず騒がず食券を買う。

ちなみにこの食券を買う行為にも素人とジロリアン(二郎が好きな人)を区別する明確なものが存在するのだ。

素人は食券機の前にきてやっと食券を買う。

一方、
ジロリアンは ”そろそろ前の奴らが呼ばれそうだな~” という空気を察して食券を買う。

ここで他に並んでいる奴らに対し
「俺 ここのシステム知ってますがなにか?」
という対抗意識を発することが出来るのだ。

もし仮に、ぎりぎりまで食券を買わないとどうなるのか!!

あぁ 考えただけでも恐ろしい。。

いざ店員さんに店の中に入るように勧められたとき、

ヒャイッ!? ポックンまだ食券買ってないなりヨ・・
となり慌ててしまうのだ!!!!(しかも常連風の奴らから白い目で見られてしまう 憎たらしい)

この店では3~4人単位でことが勧められるのである。
まだ自分の前に数人いるからといって呑気に構えてると、急に店内に案内されちゃうのだ!!

ちなみにオレがギリギリまで食券買わなかったらこうなったんだよボケがッッ

二郎(蓮爾だけど)では己との戦いでもあり、全員が敵でもあるのだ。


そうこうしているうちに店内に入ったワタシは、丸椅子(店内で待つ用の椅子)に座り
ひたすら「コール」のイメトレをする。

「コール」とは「トッピング注文」なんだな。

亜流とはいえ、二郎の血を引いているお店では、このコールにより
ヤサイ(野菜)、アブラ(油)、ニンニク(にんにく)を無料でマシマシ(たくさん入れて)することができるのだ。

このコールのタイミングがまた難しいのである。
前回、コールのタイミングを間違え、店員からは苦笑いされ、常連風の男達からは「ハッあいつ素人だぜ」
と言われる始末であった。

しかし今回は違う。
丸椅子に座ったワタシはコールトレーニングをしながら、店の空気を感じ取っているのだ。

なるほど、店の人間が「ニンニクどうします?」と聞いてきたら
みんな「コール」しているようだ。

しかし「ニンニクどうしますか?」としか聞いてないのに
常連風は「ニンニク、ヤサイマシマシ アブラマシで」
と言う。

不思議だ。
質問の返答になっていないのである。

オレが店員なら「うるせぇぼけっ 聞かれたことに答えろやっっ」とキレてしまうところであるが、
さすが接客のプロである二郎店員(蓮爾だっての)
「ニンニク、ヤサイマシマシ アブラマシですね」
とにこやかにオウム返ししているのである。
むしろ常連風を小馬鹿にしているかと勘ぐってしまうほど素敵である。

まぁいい タイミングはわかった。

ワタシはしばらくの間、瞑想に入った。


時は流れ、店員さんがワタシに声をかける。
ワタシは淀みなくカウンターに座り食券を差し出す(小ラーメンね)。
隣はワタシと同時に座った若いにーちゃんである(こいつも小ラーメン)。

このにーちゃんはなれていないのか、せわしなく体を揺らしている。
ふふっ初めはそんなものさ。
誰にだって初めてはあるん、、ええぇぇぇええええええ!!!

このにーちゃんなんで水とレンゲ持ってるの??(しかも黒烏龍茶※持ってるし)
オレ貰ってないけどっっっっ?!?!

ワタシは汗だくになりながらも、冷静を装い、薄目で周りを見る。

なんと水とレンゲはセルフサービスであったのだ(すっかり忘れてた)
しかしここで水とレンゲを取りに行っては素人と思われてしまう。

それだけは! それだけはなんとしても避けねばならぬ!!!!

ワタシは「へ~ アンタ、水とかレンゲとか使うタイプなんだ~ オレ?オレはそんなの使わないし(笑)」
と言う感じで何食わぬ顔で鼻くそをほじった。(どんなときでも自分を曲げない風を装った)

そしていよいよコールの時!

先ににーちゃんから聞かれる
「ニンニク入れます?」

にーちゃん:「ヤサイマシマシ、ニンニク、アブラマシ」

お願いしますぐらいつけんかいっ
と思いながらもドキドキしてワタシの番を待つ。

「ニンニク入れます?」

ワタシ「そのままでお願いします。」

この瞬間の店員及び店長の喜び顔を見たことか!

そう、ワタシの高騰テクニックが炸裂した瞬間である。

半ば常連ほどコールを言いたがるが(知らないけど)
オレクラスになると、「オレは店本来の味を嗜(たしな)みにきてるんだぜ?」
と常連風の奴らに見せつけるテクニック!

これには横のにーちゃんも焦ったようで、さらに小刻みに体を揺らし始めたね。いやマジで。

心なしか奥で麺を茹でている店長のピッチがアップした様な感じ?
もう完全に別格扱いよ。

オレに最高の麺を食わせてくれる手はずってこと。




出てきたね

最高のラーメンが

って この麺・・
men.jpg
太くね?
注:実物大のたばことの比較です。(素人と思われたくないので今回も写真は撮りませんでした)

ものっすごい重くて、かつアルデンテ。

こいつはイタリアに住んでいたワタシも真っ青なアルデンテ。
髪の毛一本分の芯を残して茹で上げるとは言うけど、(そして食べる頃には芯が無くなっている)

こいつはパスタ一本分の芯が残ってるぜ!
こんなに太かったっけ・・・
内心「これはやばいかも・・」と思いながらも、そっと隣のにーちゃんを見る

hamu.jpg

めっちゃがっついてる!!!!
やべえ!!
オレがビビッてる間にもう半分くらい食ってるし!


オレもヒートアップ!
ロー、セコンド、サードとギアを入れていく。

重いよ、、、麺が重くて手が痛いよ。。。
堅いよ、、、麺が堅くてアゴが痛いよ。。。

店の壁には「麺カタメは技量不足により出来ません」
とか書いてるけど十分堅い。。。

なんてぶつくさ言っているうちに、にーちゃんが席を立ち、帰ってしまった

まずい! これはあれだ ロット乱しというやつか?!
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1328146128

しかしふと見ると、このにーちゃんもまだまだ詰めが甘いぜ。
汁が全部のこってやがる。

いいかっ ラーメンちゅうのはなぁ 食べるスピードを競うものじゃないんだよ。
時間をかけても良いから汁を飲み干すのが醍醐味なんだよ

みてなこのオレの汁の飲みっぷり!!!


supu.jpg

無理でぇ~す。


てことで3/4は何とか食べたけど完食はむりっしたwwwwww
あざーすwwwwww
普段からラーメン汁なんて飲んだことないしwwww
あざーすwwwwww



PS
蓮爾(はすみ) 登戸店の味評価
麺が細くて油が少なかったら濃い醤油味で結構美味しいとおもうんだ。

※黒烏龍茶は二郎には欠かせないマストアイテムらしい
 脂肪吸収を抑えるからとか。。 

以上レポっす
nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 7

おたく

あーー二郎!!いいなぁ
実は数日前から行きたかったんですよ。
昨日、大勝軒もどきの店で我慢したけれど
二郎行きたひ
by おたく (2010-02-04 15:40) 

ヤマモ

二郎 たしか印刷局の近くにもありましたよね?
ど~しても食べたくなったらいつでもいってくだされ 笑
お供しますぞ!!
あれほど体に悪い食べ物はない
でもまた食べたくなる魔力・・
by ヤマモ (2010-02-04 19:07) 

登戸近辺住民

激的まずいラーメンでした。

店員:接客を知らない。(無愛想すぎて笑える)

店:超不衛生!(どんぶりも欠けてる!笑)

ラーメン:うどんを生で食べてるような感じ!(まずい!激怒)

お客がはいってるのは「次郎系」ってウリではいってるのかと。

次郎インスパイア系で一番まずいお店と認定します。
by 登戸近辺住民 (2013-08-29 20:59) 

パンダ

あはは

麺少なめを頼んだお客に 舌打ちしてましたからねw
ロットで麺を茹でてるからww

しかしあの殺伐としたふいんき(なぜか変換できない)が最高にニヤケられます。

麺にインパクトあり過ぎて
味は忘れちゃったなぁ

また食べに行きたいっす。

もう数年行ってないや。

by パンダ (2013-08-29 23:21) 

馬

蓮爾のふざけた麺久々に食べたくなりました
by (2015-11-07 14:43) 

パンダ

私も禁断症状でてます
by パンダ (2015-11-13 11:05) 

assaa/

ここ並んでる人の気が知れない。
不衛生だし、ここの店員は仕事って意味をわかってないガキのバイト以下レベル。商売をする資格がない。
何年か前に一度だけ行ったけど、ふざけてんのか?って笑えるレベル。
店内きったねーし、飲食業ナメてる。保健所もよくこうゆう店をほっとくよ。もし煮る以外の料理をを提供してたら、とっくに食中毒出して潰れてると思う。
by assaa/ (2016-11-07 13:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

スポンサードリンク